読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーかん☀ノート

日々出合ったできごとで感じたことなどをつづります

疲れない体の使い方 体のどの部分を“意識”すれば楽になる?

f:id:saddaco:20170130223422j:plain

 
“ムダな努力”、結構やってるかもしれませんね。それが正しいと思ってやっていることも、それが普通だと思っていやっていることも。
 
でも、普通だと思ってやっている結果が今の“ 疲れやすい私”、“体力のない私”なら、どうしたらいい?
 
今朝の“あさイチ”で取り上げていたのは、合氣道の藤平氏による家事など日常での上手な体の使い方。武道での体の使い方が家事の負担を軽くするという。
 

疲れない体は“姿勢”から?

両手に合計40キロもの重さのものを持たされたゲストが、最初は持てなくても、藤平氏の指導でつま先立ちを数回するだけで、皆なぜか重いものがスッと持てるようになるのです!
 
また、真ん中に立った人の肩を両側に立った男性がそれぞれ下に押しつぶそうとすると、最初は耐え切れなくてすぐしゃがみこんでしまうのに、やはり、数回のつま先立ちを繰り返すと、そのあと両肩を下に押し付けられても、ビクともしなくなります。
 
押されている本人も訳が分からない状態なのですが、どうしてそういうことになるのか?
 
それは、全身をひとつに使うことができるようになるから
これでもよく意味が分かりませんよね?だって、誰だって体を使うときは全身を使ってるでしょ?というわけです。でも、どうもこれが違うようなのですね。
 
何かをするとき、人は体全部を使っているように感じているけれど、実はバラバラなのです。それが、つま先立ちをしてから、かかとを5.6回上げ下げするだけで、体の使い方が全く変わってしまうのです。
 
ということは、人は本来こういう身体的な能力があるということになりませんか?
 
人の体を木に例えると、足は根っこの部分になりますね。木だって根っこは一番大切な部分です。人にとって大切な足に意識をむけるということは、体の使い方を考えたときに、とても重要なことなんですね。
 
なので、一日一分でもいいので、つま先のまま歩いてみるなどして、足先を感じられるように意識してみてください。
 

必要以上に疲れない家事のやり方とは?

f:id:saddaco:20170130223454j:plain

 
藤平さんは、長時間の家事にも同じように使える、楽な体の使い方を教えてくれました。
 
実際に40代の主婦の方が、家事をした後の疲労度を機械で測ってみました。すると、50歳くらいの方の疲労度になり、その女性が確かに疲れていることが数値で分かります。
 
そのあと、藤平さんが彼女の洗濯物の取り方、干し方を観察して、「手だけが迎えに行っている」と説明。腕全体を使うのではなく、指先から腕を動かすようにするということなのです。
 
洗濯ものを取る時も、干すときも、指から取りに行く。疲れたくないから全身を動かさずに腕だけで家事をしがちなのですが、そのやり方だと腕や腰に負担が集中するというのです。
 
つまり、体全体で動いた方が疲れにくい、ということなのです。そして、体全体で動く、という感覚を養うには、指先を意識して家事をすること。
 
そういえば、両手に40キロの重さのものを持つときは、足先を意識するようになると重さを感じなくなります。今度は「手の指先を意識することで家事が楽になる」んですね。
 
テーブルなどの拭き掃除も、指先を意識すると体に芯ができて、人が力を加えて(手首を持って)も動きが止まることはありませんでした。指先を感じて何かをするときは、自然に無理のない(体に負担のない)姿勢になるということ。
 
番組に登場した女性も、常に指先を意識するように家事をして1週間。あらためて疲労度を測ると、今度は30代に若返っていました!
 
疲れない体の使い方は「意識」の使い方を変えることで可能なのですね。
 
 

好きなものをノートに採集するだけで、本当の自分が見えてくる!?

f:id:saddaco:20170126221327j:plain

 
好きなものをノートに書きつづって、コレクションするだけ。
日記よりも簡単なそんな方法で、本当の自分が見えてくるんですね。
 
そんな気にさせられたのが、NHKの“暮らしの道具の使い方”でした。
文筆家の甲斐みのりさんのお宅を訪問し、彼女の生活から“好き”をベースにした暮らしぶりを拝見する番組でした。
 
甲斐さんのご自宅には、森の図書館のような本棚があり、本がいかに生活の中で欠かせないものなのが想像がつきます。でも、本に対する愛情が背表紙を見ていてもわかるような、ほんの置き方を見るだけでも生活の隅々にまで甲斐さんの感性が行き届いている好ましさを感じました。
 
甲斐さんの暮らしの中でも一番気になったのは、“好きなもの採集ノート”でした。
 
好きなことをひたすら1冊のノートに書いていく、それだけのことなのですが、このお話を聞いているうちに、これはかなり物事の本質をついていると感じました。
 
甲斐さんがこのノートを書き始めたときは、精神的な悩みを抱えていて、自分を認めたいという気持ちが強かった時期だったようです。特に目的があって書き始めたのではないのでしょうが、書いていくうちに自己肯定感が芽生えてきたとのこと。
 
それは、「こんなに好きなものがいっぱいあるから大丈夫」という自分を認める気持ち。
 
好きなものをたくさん持っていると、人の好きなものも認められるんですね。そして、ものごとを肯定的に見る力がついてきます。
 
街に出て人と会っても、あれもこれも嫌という、嫌なものに意識を向けるのではなく、ここがいい、あそこがいいという見方を習慣づけると、自分の見方を加点法にすることができ、マイナスな感情が減っていく、と甲斐さんは話していました。
 
彼女はすでに、何冊もの“好きなものノート”をつけているのですが、そのノートの選び方やノートの中の文字のかたち、ノートの空白のバランスまで、彼女の感性で溢れています。
(たぶん文字は鉛筆で書かれていたような・・)
 
甲斐さんの、とてもゆっくりとした穏やかな話し方の中に、深く悩んだ時期を“好きなものをノートに採集する”という行為で乗り越えることができた力強さを感じました。
 

f:id:saddaco:20170126221940j:plain

 
街歩きのポイントも番組の中で教えてくれました。
それは、“今日のテーマ”を決めて歩くこと。
どういうことかと言うと、今日は動物をテーマにしよう、と決めたら、ひたすら動物に関するモチーフを街中で探しまくるのです。
 
それが小さなパン屋さんで見つけたクマのクッキーであったり、喫茶店の黒猫の看板であったり。
自分が「動物」に意識を持っていると、街を歩いているだけで多分、動物の方から目に入って来るでしょう。
 
そして、そのモチーフをスマホなどで撮っておきます。
そのあとは、SNSで発信するなり、インスタの非公開のアルバムにコレクションしたり、と自由に取り扱うことができます。
 
 
要は、人がつけた星の数(評価)を信じてどこかに出かけたり、何かを選ぶのでなく、自分の星を探して街を歩いたり、ものを見るようにしたい、ということなんですね。
そうやって、気持ちをちょっと変えるだけで、自分の住む町や訪れる場所が楽しく見えてくるのです。
 
好きなものノート、という響きは“おんなの子”なら誰でもワクワクしそうなときめきを感じさせますが、きっとこれは続けていくうちにとてつもなく大きな変化を自分にもたらすような予感がします。
 
私も“好きなもの採集ノート”、始めることにします!
 

小西良幸のフィッチェ・ウォーモは最高だった!

先ほど、“しくじり先生”にドン小西氏が出演していました。
赤裸々に過去の自分のことを語っていたけれど、
フィッチェの頃の小西さんのファッションを知っている私としては、
あの頃はそんな状況だったんだとようやく状況がつかめた気がしました。
 
当時、テレビの番組でたけしさんがすごくド派手なニットを着ていて、
その編地のボリュームと色彩に圧倒されました。
 
それが小西さんのデザインだと知って、
本物は買えなかったけれど、
ファッション誌で小西さんのニットを探しまくりましたよ。
小西さんの手編み風ニットの本を購入したこともあります。
 
あのころ、パリやニューヨークでコレクションをやっていたはず。
コレクションを雑誌やニュースで見ることをとても楽しみにしていましたね。
小西良幸は天才だと本気で思っていましたから。
 
編地にマクラメを入れたりして、これでもかと言うほどのボリュームが特徴的なフィッチェのニットたちでしたが、ウォーモ(メンズ)だったので、ボリュームはそのまま存在感につながりました。
何しろ私は“フィッチェ・ウォーモ”が大好きでした。
 
その頃私自身がニットを夢中になってやっていた頃で、
糸も染めたり、編地もいろいろ工夫したりしてました。
 
最近の傾向に多くある、フォルムに凝ることもなく、編地をいかに斬新にするか、
というところに注力していたので、小西良幸氏のデザインにはいつも注目していました。
 
 
ドン小西氏の辛口ファッションチェックは何度か見たことがありますが、
指摘することが的確で、鋭くて、いつも納得させられてしまって、
この人、ただ者ではないなと感じていました。
まさか、そのドン小西氏が、あの“小西良幸”だったなんて!
 
2年くらい前にその事実を知ったときは、本当にビックリ!
あまりにもビジュアルが変わってしまったせいですね。
 
 
今日、小西さんの口から当時のことや借金のことなどを聞いていて、なんてもったいないことをしたんだろう、と感じたのは私だけはないはず。
本当にフィッチェは素敵だったのに。。
 
ご本人も最後の方で語っていましたが、もし当時、シンプルファッションが台頭して来たとき、それに対して小西さんが自分らしさを失わずにそのトレンドに立ち向かっていたら、フィッチェはどうなっていただろうかということ。
 
きっと、存在感のあるシンプルファッションを創っていてくれたのではないかな、と私は思います。
 
当時ファッション雑誌やマスコミをにぎわせたフィッチェ・ウォーモのニットは、今でも目に焼き付いています。オブジェのように部屋に飾っておきたいくらいの存在感でした。
 
本当にカッコよかった、小西さん。
これからも小西さんに期待しています♪
 
 
 

お金の管理が苦手な人でもこれならできる!?家計簿のいらない金銭管理とは?

f:id:saddaco:20170123111620j:plain

 
あなたはお金と仲良しですか?
 
って、変なことを聞くようですが、
最近、自分のお金に関する管理があまりにもずさんなので、なんとかしようとあれこれ方法を探してみました。
 
そもそも、家計簿や金銭出納帳などを書きつづけることが苦手です。
でも、実はもっと苦手なことがわかってきました。
 
それは、「お金と向き合うこと」
自分のお金の使い方をきちんと把握することを避けているんですね。
 
理性では、こんなことじゃいけない、と思うのですが、
生理的に「考えない」ようにしているようなのです(他人ごとみたい!)。
 
そんなときに、たまたま上大岡トメさんの「ずさんな家計を整えました」という本を読んでいて、あらためて自分のお金の管理のずさんさを認識し、逃げてばかりいては解決はしないんだということに気が付きました。
 
トメさんもお金と向き合うことが怖かったということを知って、それでも今回そんな自分と向き合ったことを知り、私ももう一度「お金」と向き合う決心をしました。
 

家計簿なんてつけなくていい!?

「ずさんな家計を整えました」の中に登場するファイナンシャル・プランナーの畠中雅子さんは、「家計簿なんてつけなくてよし!」とのたまわるのです!
畠中さんによると、家計簿をつけることとお金が貯まることはイコールにならないから。
 
私の経験からも、つけているとあまりにも残高の一致しないことが多く、めげるのですね。まず、市販の家計簿をつけようとすると項目数が多すぎて(と感じて)、どこに何を入れたらいいのか悩むこと。
使途不明金がかなり見つかること。
 
これって、家計簿をつけてスッキリしたいという願望からかけ離れて、かえってやる気喪失につながってしまうんですね。もちろん、そういったことをキチンできる人もいるのですが、私はだめでした!
 
畠中さんはそのあたりを熟知していて、「家計簿には無理にこだわらなくてもいい」と言ってくれています。その理由として、生活費というものは月々で大きな変動がないから。
 
ちなみにここで「生活費」を定義すると、「生活費とは、1か月ごとにほぼ支出するもの」のこと。
 
内容は、食費、生活雑貨費、被服費、住居費、光熱費、通信費、医療費、教育費、自動車費などになりますね。
では、家電を買い替えたり、普段着るTシャツや靴下など(これらは“被服費”)以外の、値段の張るお洋服代は?
 
これらは「特別出費」といいます。
つまり、生活費以外のもので、毎月は払わないけど、一年のどこかで毎年のように支払うお金のこと。
 
そして畠中さんは、この変動の多い“特別出費”を押さえておけば家計を管理できる、と言うのです!
 
でも、その代わりにやることがあるんですって!?
 

年2回の通帳チェック!?

f:id:saddaco:20170123111835j:plain

家計簿は付けなくていいけれど、これだけはやってほしいと畠中さんがいうのは、「年2回の通帳チェック」なのです。通帳チェックだけ?と思いますよね。
 
これは、家の中の口座通帳、もしくは残高がわかるものを全て合計すること。
年に2回。12月末日までの全ての通帳の残高をAとし(これが1月1日分の総資産額)、7月1日も同じように残高を書きだしたものをBとして、BからAを引けば、その年の1月から6月までの収支がわかるということなのです。
 
「自分の総資産を知る」というのは、現実を突きつけられているわけで、いつもいい加減にお金を使っている自分にとってはイタい行為です。
作業は簡単だけれど、これほどインパクトのある数値はないですよね。これは毎日の収支だけ見ていては分からない部分です。
 
さて、問題の“特別出費”に進みます。
 

特別出費を把握する意味とは?

日々の生活費自体は年間通して大きな変化がないとすると、貯金の出来ない理由は、この「特別出費」にありそうです。
ここを把握していないと、請求書が来るたびにバタバタと払えそうな口座から払うことになりますね。
 
こういうことが続くと気持ちが萎えてくるんですね。いつも何かに追っかけられているような、自分の力ではどうしようもないような、無力感に襲われたりして。。
 
だから、特別出費を把握しましょう、と畠中さんは言います。
攻めの姿勢ですね。
これを「支払計画表」にして落とし込みます。
どうせ支払わなければならないものなのだから、前もって計画表を作って支払う覚悟を決めましょう、ということです。たしかに、出ていくものは出ていくんですものね。
 
具体的な特別出費には、
値のはる衣類(コート、スーツ)
住関係(家の修繕、家具家電の購入)
交際費(祝儀、香典、お中元、お歳暮)
保険(固定資産税、火災保険)
教育費(塾などの冬季・夏季講習料)
イベント(旅行、スポーツ観戦、コンサート鑑賞代)
医療費(交通事故などのアクシデント)
などなど。
 

最後に

まだ本を読んだばかりでこれから実践するわけですが、
頭の中の整理としてはかなりスッキリ感があります。
通帳の合計残高チェックはこれからやってみます。怖いけど。。
 
本の中では、実際に「特別出費」を見直して節約する方法も提案されています。
たとえば、税金、保険、車、教育費、家電、交際費などですね。
 
今回はこれらには触れませんでしたが、実践してみてお勧めできそうなことがあったら、また続きを書かせて頂きます。その前に、もっと詳しいことを知りたいと思った方は、読んじゃってください!
 

ずさんな家計を整えました。ずぼらさんのためのお金安心塾 (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

 
 
 

手荒れ改善には手作り化粧水が効果的 使わずに分かったその差にビックリ!

f:id:saddaco:20170120175849j:plain

 
今年は例年より冬が早くやってきて、しかも長く居座りそうで寒さに弱い私にはかなり堪えます。
昨年末くらいから手のかさつきが気になり、時どきハンドクリームを塗っていたのですがあまり効果を感じられず、自分的には「?」という感じでした。
 
というのは、昨年の冬はほとんどハンドクリームを塗った記憶がないのです。
去年と今年、何が違うのだろうと考えているうちに、1つ大きな違いを発見しました。
 
それは、昨年はずっと顔に付けていた化粧水を手にもたっぷりと使っていたこと。
 
その化粧水というのは、自分で手作りした「美肌水」というもの。
ずいぶん前から知る人ぞ知る、という「尿素」を使った手作りの化粧水なのです。
 
園芸店で購入できる肥料用の尿素と、水道のお水でできる超簡単なお手軽化粧水。これをいつも顔や手にたっぷり使っていたことを思い出しました。
 
さっき、思いついて急いで美肌水を作ってみました。
作ったのは原液で、これを肌用、身体用に濃度を変えます。あとからグリセリンも加えるのですが、これは肌なじみをよくするため。
 
作り方があまりにも簡単すぎるせいか、「尿素」なるものの字面が悪いせいか?怪しく感じられる人が多いみたいですね。ちょっと残念です。
という私も飽き性なので、昨年原液を切らした段階で別のオイルなどを試して見たりしているのですが。。
 
でも、今使っているオイルも同じように顔に使うたびに手にも付けていたのに、顔はともかく手荒れが生じてしまったのは私的には納得がいきません。今日作った美肌水で検証してみようと思います。
 
その前に、美肌水を一度試してみようという方のために、作り方を書いておきますね。
 

美肌水の作り方

 

用意するもの

尿素:50g ※100%尿素のもの(窒素46と表記されているもの)

●水道水:200cc
 
グリセリン:小さじ1(5ml)

 
●ペットボトルなどの容器
 

作り方

①容器に尿素と水道水を入れ、よく混ぜる
尿素が溶けたらグリセリンを入れ、軽く混ぜる
 
以上です!
これが原液なので、用途別に希釈して使います。
顔の使う場合は、原液を10倍に薄め、身体用には原液を5倍に薄めて使います。
 
個人的には、顔用のものを体にも使ってしまっていますが、手荒れの場合などにはすこし濃くてもいいかもしれません。今度試してみます。
 
原液は冷蔵で半年ほど持ちます。できたら日付を書いたシールなどを貼っておくといいですね。尿素そのものは何年持つか、、、まだ悪くなった尿素がどう変質するのか体験したことがないので解りません(汗
 
ただ、10倍に薄めた顔用の美肌水を洗面台にかなり長いこと放置していたら、気が付いたとき小さなカビが容器にいくつか張り付いているのを見かけたことがあります!保存料が入っていないので、できるだけ早く使い切るようにすること!が原則ですね。
 
夏場などは、使ったあと冷蔵庫に入れる習慣をつけておいた方がいいかもしれません。
 
気分でアロマオイルなどを数滴加えてもいいですよ。香りを楽しめます♪
いろいろ工夫して自分のオリジナルな化粧水を作って楽しみましょう!
 
 

ランチタイムの新年会 恵比寿のフレンチならココをおススメ!

久しぶりに恵比寿に行きました。
そして、久しぶりの友人たちとの新年会。
 
友人の一人が恵比寿のレストランを予約してくれたのですが、
これが期待以上のお店ですごく満足しました。
 
ランチタイムの予約が取れるところは珍しい。
しかも我々は3時間も滞在してしまったのに、嫌な顔一つせず、最後まで態度は変わらず(何度もお水を注ぎに来たりせず)、でした。
 

恵比寿の“ビストロ・ダルブル”

ビストル・ダルブルの場所は恵比寿駅の西口から150mほどのところ。
駅から徒歩2.3分のところにある2階建て一軒家の雰囲気の良いお店です。
 
ドアを入ると、狭い廊下の左手にガラス屋根の中庭があり、
こちらにもテーブルがいくつかありました。
 
でも、さすがに開店したばかりで中庭はまだ暖まっていなくて
(ストーブがありました!)我々3人は奥のテーブルに落ち着きました。
 
ランチは1500円と2500円があり、今回は1500円の方で予約を入れています。
 
私以外の3人は赤ワインを頼み
下戸の私は辛口のジンジャーエールを頼みました。
 
まず、久々の逢瀬に乾杯をしてから、オードブルの到着を待つことに。
 

f:id:saddaco:20170116142521j:plain

 
メイン料理は、
私が鶏肉料理。
 

f:id:saddaco:20170116143013j:plain

 
もう一人は豚ハムのソテー。
 
 
あとの二人はお魚料理を選択。
 

f:id:saddaco:20170116143536j:plain

 

驚いたのはオードブルのボリューム!
このオードブルと香ばしく焼いたパンだけでかなり満足。
メインの料理は3種類をそれぞれ味見のために少しずつ皆で分けて食べてみました。
 
フレンチはランチにしてもお高いというイメージがあったのですが、
ここはボリュームも味も、本当に満足のいくものでした。
 
 
最後に、温かいコーヒーとプチデザート。
すでにかなりお腹がいっぱいになっていたので、
可愛らしいデザートがサイズ的にもピッタリ!
 

f:id:saddaco:20170116143207j:plain

 
さすがにランチタイムは気がついたら満席に近く、
お料理が来るのもゆっくりだったので、
会話が盛り上がっても時間を気にせず食事を楽しむことができました。
 
我らが新年会は大成功に終わりました♪
 
“ビストロ・ダルブル”の営業時間ほか
こちらでご確認ください。