ぴーかん☀ノート

日々出合ったできごとで感じたことなどをつづります

絵本作家 甲斐信枝さんの“雑草の小宇宙”

「毎日毎日熱心に通うと、ある日お宝をもらえる」
甲斐さんはニコニコしながら、そう言うんですね。
 
種がはじけて遠くに飛ぶ様子を、「人間でいえば、お産よね」とのたまう。
なにより、歩く道々いろいろな雑草を見つけては、「アイツは頑張ってる」とか、“アイツ”“コイツ”と、雑草たちを擬人化してしまうんです。
 
甲斐さんにとっては、雑草は人間と同じなんです。
雑草と同じ時間を共有して、新しい発見があると本当に無邪気に笑う、屈託のないその笑顔を見ているだけでこちらの心もほどけてくるんですね。
 
最近、この甲斐さんほど楽しそうに笑う人を見ていないような気がしてきました。甲斐さんの笑顔を見るだけで、この番組を見てよかったと思いましたもの。。
 
 

 

70冊のスケッチブックが焼失した

甲斐さん、絵本作家として軌道に乗りそうになったとき、火事で家が全焼したことがあったそうです。その時、7冊あったスケッチブックが焼けてしまった。逃げるだけで精一杯だったとか。
 
それでも甲斐さんは言います。
「私、人生観変わったんです。(草を)観察しているうちに」
 
草が教えてくれたのは「安住せよ」ということだったようです。
つまり、“火事”という災難も、自然の大きなサイクルから考えたら小さなこと。
 
「そんな小さなことでガタガタ思うな、安住せよ。ちゃんと時間が解決する」
雑草の生き方に教えられたという甲斐さんは、大きな財産を得たも同じと言います。
 

甲斐さんは“小宇宙”の巨人!?

甲斐さんが、絵本のために5年かけて観察研究した空き地?の変遷がすごい!
あんなところで、ものすごい勢力争いをしているんですね!?
これからは草ぼうぼうの空き地を見る目が変わりそう。
 
子どもの頃から草花が好きだった甲斐さんは、ある時から草花のスケッチを始めます。
甲斐さんの草花の描き方には、“我”が感じられません。
対象を自分に取り込むんじゃなくて、相手に同化しようとしている感じさえします。
 
それにしても、なんであんなに楽しそうなんだろう。
ずっと、ずっと、見続けていると、彼らの(!)言葉がわかるようになるんですね。
 
 
「好き」があることの幸せ(なんと凡庸な表現!)。
これほどまでの「好き」と、それを追求する「情熱」が欲しい!
 
 

認知症?記憶障害?突然彼女に起こったこと

f:id:saddaco:20170405212748j:plain

 
仕事の関係で1週間に一度会う人がいます。
80歳のおばさま。
モダンで多趣味で、お話がおもしろくて大好きな人です。
 
ご自分は大病を抱えていて闘病生活をしているのに、体調を伺っても、いつも元気な面だけを教えてくれるような人。
でも、今年に入って突然、息子さんが倒れて、寝たきりの病人になってしまいました。
 
今後リハビリをしても、通常の生活には戻れないかもしれないと、息子さんに関してはかなり動揺を隠せない状態でした。
 
そんな彼女が、先週末から突然自分の名前も、息子さんの名前も、記憶から失くしてしまったのです!
 

認知症はストレスがきっかけでもなる!?

彼女は、毎週訪ねる私を部屋に招き入れることはしてくれました。
そして、先週の金曜日から何が何だかわからなくなった、と言います。
テレビを見ても、何を言っているのか、文字を見ても認識ができないようなのです。
 
わかっているのは、お腹がすいたら何かを食べること。
トイレに行くこと。ベッドで寝ること。洗濯をしたらベランダに干すこと。ゴミをまとめること。食後に薬を飲むこと。
 
こういった生活に関することはやっているようなのです。
1週間でのこの変化の原因は、彼女のたった一人の息子の病気だと推察はするのですが、この認知症のような記憶障害が、今後どういう経過をたどるのか、今はただ静かに見守るだけ。。
 

おひとりさまの老後

彼女は数年前にご主人を亡くしてからマンションを手放し、狭いワンルームの部屋に一人住まいをすることになりました。病気で倒れた息子さんも独身でひとり暮らし。
 
重い病気を抱えていて歩行も困難な彼女は、現在も月一度の自分の通院には自宅からタクシーを利用し、息子さんのお見舞いにもタクシーを利用しています。これも彼女の生活を圧迫しているようです。
 
 
お二人とも、病気のために生活が変わってしまいました。
人生が変わってしまったとも言えますね。
 
今後も公的な機関や人の手を借りながら暮らすことになるのでしょうが、とても他人事とは思えません。同じく“おひとりさま”の自分の身の上にも、病気や事故などは起こり得ることだと考えられるので。。
 
今までたくさんの病気をのり越えてきて、自分の子供以外にもたくさんの子供たちにかかわってきて、冒険心が旺盛で、80歳なのにピアスをいくつも付けていて、カラフルなお洋服が好きで、光り物が好きで、困難なことが立ちはだかっても決して逃げたりしない強い人。
 
 
今回の記憶障害は、一時的なものだと思いたい。
 

f:id:saddaco:20170405212828j:plain

 
 
 
 
 
 
 

浅草ランチと満開の桜 お花見の時期は心が浮き立つ♥

今年の桜は東京から開花宣言がありましたね。
こんなことは珍しいのではないですか。
 
この時期、毎年ある人のお墓参りに浅草まで出かけるのですが、
いつも丁度良いお花見というわけにはいかず、早いか遅いかで、タイミングを逃していました。
 

f:id:saddaco:20170404193313j:plain

でも、今年は初めてグッドタイミングでお花見ができました。
こんなに浅草をゆっくり歩いたのも久しぶりです。
 

f:id:saddaco:20170404193324j:plain

ときどき、こういう健気な子を見かけます。

こんなところで頑張ってるんだな、と応援したくなるんですよね~

 

さあ、浅草でランチしよう!

友人4人と待ち合わせたのは、銀座線の浅草駅。
いつもウィークデイを選んで浅草に来るのに、地下鉄銀座線がいつになく混んでいたのは、この桜のせいなのかと遅まきながら気が付きました。
 
これは、ランチタイムも早めに取った方が良いと判断し、お墓参りは後にして、友人たちと急きょランチを先にすることに決めました。浅草1丁目にある“サルヴァトーレ・クオモ”へGO!
銀座線の浅草駅からだと10分くらいの距離です。
 

f:id:saddaco:20170404193716j:plain

 

 

サルヴァトーレ・クオモって、結構あちらこちらで見かけますが、ここ浅草は店内がわりと狭い感じで(実は、他には川崎のチッタ・デ・ラ内にあるクオモしか知りません汗)、そのせいか、メニューがメイン1つは選択制になっていました。
 
例えば、川崎だと、メインもすべてバイキングスタイルです。
浅草は、ドリンク、スープ、サラダ、デザート、が食べ放題となっていました。
平日のランチは1280円。
土日祝は1580円。
90分タイム制です。
 

f:id:saddaco:20170404192859j:plain

パスタの味が濃厚で、すごく食べた感がありました。好みです♪

f:id:saddaco:20170404192921j:plain

 

お花見とワンちゃんの散歩

今年は、うれしいことに丁度“満開♪”にピッタリ!
お墓参りは早々に(!)、川沿いの桜を眺めながらの散策となりました。
 
お墓のある場所が「今戸」という所だったのですが、行きはバスで、帰りは結局桜を眺めながら浅草の駅まで歩いてしまいました。少し寒かったけれど、のんびりと風に吹かれてのお花見は本当に気持ちがよかったです。
 
途中で、巨大な!?ワンちゃんを自転車で散歩しているおじさんに会ったり、小さなワンちゃんたちにポーズを取らせて写真撮影をしている人たちと出会ったり、ワンちゃんの散歩も多かったですね。のどかでした。
 

f:id:saddaco:20170404193149j:plain

ふたりとも、とても美しいワンちゃんたちでした!

 

 

精緻で深いインドの刺繍布 岩立フォークテキスタイルミュージアムの世界

NHK日曜美術館のアートシーンで紹介された“煌めく刺繍布フルカリ”を見て、これは行かなくては、と思いました。
もともと手芸は好きなので、刺繍の手法などは知っているつもりでいました.
でも、実際に数センチ先に実物の刺繍を見てしまうと、その精巧な刺し方に手法を超えた手仕事の厚みを感じてしまいます。
 
入館したとき、すでに学芸員の方が来館者に作品の説明を始めていました。
あまり広くないギャラリーに30名近い来館者がいて、テレビの影響とはいえその数の多さにびっくり。
独特の色の世界に紛れ込んでみました。
 

f:id:saddaco:20170314204144j:plain

“フルカリ”とはなに?

“フルカリ”という言葉も今回初めて知りました。
“フルカリ”とは、女性のかぶる“ベール”のことです。
 
インドとはいっても、独立以前のパンジャブ地方の農村で女性たちの手で刺繍を施された“ベール”のこと。1970年代ですでに実用としては使われていませんでした。
 
知らなければ“織物”とも見まがうような細かい刺繍なのに、素朴な印象を受けるのは、職業として制作されていたわけではないから?
自家用に綿から育てた綿糸を織るところから始める、気の遠くなるよう時間と作業を想像すると、目の前の擦り切れたステッチの糸端の部分にさえ愛着を感じます。
 
一見サテンステッチだと思われたステッチが“ダーニングステッチ”と呼ばれる技法で、それがかなり細かく埋め尽くされるように多用されていることが特徴的です。
 
 
これほど手のかかる美しいものをつくる理由は“婚礼”のためでもあるんですね。
 

“フルカリ”をつくるまで

フルカリは、綿を育てるところから始まります。
それを紡いで、織り機で織っていきます。
同じものを3枚織ってつなげ、1枚の大きな布として、その上に刺しゅうを施すのですね。
 
その時の刺し方がとても繊細なのです。
それは裏から見るとわかります。
裏にわたる糸を極限まで少なくしているため、表の華やかな埋め尽くしと対照的に、裏には点線のように糸がポツポツ並んでいます。
 
布の織り目のマス目を数えながら裏から刺しているようです。
スゴイ!
 

岩立フォークテキスタイルミュージアムとは?

岩立フォークテキスタイルミュージアムは、岩立広子さんがつくられたミュージアムです。岩立さんは美大出身で、染織家でもあります。
 
作家活動をして作品展を開いても、時間と収入の採算が合わないと感じたことから、手仕事の未来について考え始めたようです。
 
ニューヨークから始まった手仕事を巡る旅は、ペルー、ボリビア、メキシコ、グァテマラ、そしてインドへ。
プレインカの織物を何年もかけて再現してみたこともあったようです。
 
その中で分かったことは、手仕事は時間はすごくかかるけど、機械を通したりする縛りがないので、実はものすごく自由だということ。
 
岩立フォークテキスタイルミュージアムでは、岩立さんが長年、中南米やインドなどを何度も行き来して手に入れた染織品を目の前でじっくり見ることができます。
テーマに沿って、定期的に展示の入れ替えがあり、染織品の好きな人にはたまらない空間です。
 
最後に、ほぼ日イトイ新聞から、岩立さんの言葉を引用します。
 
このミュージアムでもいろんなものを
見てもらっていますけれど、
「ただ見るだけよね」って、
思うかたもいらっしゃるかもしれない。
 
だけど、ここから触発されて、何か、
見た人の仕事や生活に
プラスになることがあるんじゃないか。
 
「人間って、これだけのことができる」っていう、
そういう証のようなものとして、
いい時代の、ほんとにいい、活気にあふれたものを、
残しておきたいなっていう気持ちがあるんです。
 

 

 岩立フォークテキスタイルミュージアム
 
 

料理が煮くずれない簡単な方法 これで成功まちがいなし!?

f:id:saddaco:20170302210300j:plain

 
どうも、いつも煮物の仕上げが安定しません。
お料理があまり得意でないので、同じカボチャの煮ものをつくっても毎回カタチも味も違ってしまう。。
 
それに根菜の煮ものは時間がかかるし、、と思っていたら、魚柄仁之助さんの本を読んでいて、料理の工程で“保温”を利用する方法を発見。
 
そこで、実際に冷蔵庫にいつもある野菜だけで簡単野菜スープを作ってみました。

料理を煮くずれさせないためには“保温”が大事!?

最近は、特別な調理器具を使わなくても、身近にあるものを使って保温して料理する方法が取り上げられていますね。でも、早めに火を止めてしまって、中まで味がしみこむのか心配でした。
 
そんなとき、魚柄さんの料理本で、お鍋を保温する方法が写真入りで紹介されていました。
それがまるで、お鍋にお布団をかけてあげているような感じで、かわいいのです!
 

f:id:saddaco:20170302210143j:plain

 

私が実際に試してみた料理は、簡単野菜スープかぼちゃの煮物
両方とも、火にかけて沸騰してから10分で火からおろし、家にあった“非常用ブランケット”と小さめのひざ掛け用毛布で包み、20分放置しました。
 
のつもりが、タイマーをかけていたわけではないので、他のことをしているうちにスープのことなど忘れてしまい、そのままかなり放置(1時間くらい?)。結果、玉ねぎはトロトロ。じゃが芋も柔らかすぎ、仕上がってしまいました(!)
 
でも、じゃが芋も人参も形は全くくずれることなく原形を保ち、そのせいかスープがにごることなく透明に仕上がりました!
 

f:id:saddaco:20170302210432j:plain

 
かぼちゃの煮物は、沸騰してから弱火にして10分弱ではまだ半分くらい固かったのですが、その状態で同じく非常用ブランケット(アルミ蒸着ポリエステル)と毛布でくるみ、こちらは20分放置。
仕上がりは、全く煮くずれなく、中まで柔らかく、味もしみ込んでいました。
 

煮くずれはどうして起こるのか?

ガス台から離れず鍋の中を覗いていても、煮汁の残り具合で柔らかすぎたり、溶けて?しまったり、煮ものはなかなか美しく仕上げるのは難しいです。
まあまあ美味しいかなとは思うのですが、見た目も味のうち、と思っているので、なかなか自分に及第点をつけることができませんでした。
 
今回、「煮くずれはどうして起こるのか?」を調べていて、ちょっとびっくりな事実を知ってしまいました!
それは、「冷めていくときに味がしみる」ということなんですね。
 
温度を上げたり、弱火でコトコト煮込んでいるときに味がしみていく、のではないのですね。
 
煮くずれはどうして起こるのか?
じゃが芋の場合、じゃが芋に含まれるペクチンという物質が関係しています。このペクチンは細胞と細胞の接着剤のような役割を果たしていて、加熱して80℃以上になるとペクチンは分解されやすくなってしまいます。そうすると、細胞と細胞をつなぎとめておくことができず、煮くずれの原因になるというわけです。

 

料理は科学?

最近、弱火で料理する方法というものの認知度が上がっているようです。
テレビ番組で、実際に説明をしながら調理している場面を見ると、やっぱり料理は科学なのか、とあらためて考えてしまいます。
 
「煮くずれない煮もの」も、その科学の頭で考えると当然の事なのでしょうね。
今回私が試してみた“保温料理”は、とても理にかなっているし、身近な道具(新聞紙やタオル、古毛布など)を利用できて、手間いらず、節電にもなるお勧めの料理法です。
 
高価で見栄えの良い保温器具は必要ないので、思い立ったらすぐできます。
お鍋のお布団は、料理の種類や季節によっても変える必要があるかもしれません。
私もこれからどんどん試してみようと思います。
 
今回、たまたま非常用ブランケットが手元にあったので、これならタオルや毛布より保温効果が高いかも、と思い利用してみました。発泡スチロールを利用する人もいます。もちろん新聞でもOKです。
 
自分でいろいろ試してみて、使いやすいものを選んでください。
おそらく、私のように時間を忘れてしまっても、特に失敗ということにはならないような気がします。
 

今日のピーカン

子どもの頃から科学は苦手です。
でも、料理を通して科学的な頭の使い方ができるようになるかもしれません。
そんな自分に期待します
 

“リスボンに誘われて”、“魂の旅””を覗いてしまった!

f:id:saddaco:20170226205657j:plain

 
人はいくつになっても自分に足りないものに執着するのでしょうか。
 
主人公は初老の高校の教師ライムント
目覚まし時計が鳴る前に起きてしまうような、ひとり暮らしが長く続いている孤独な日常を送っています。
 
ある雨の日、橋の上を歩いていると、今にも飛び込みそうな女性を見かけ、カバンを放り投げて彼女を救います。そして、彼女に請われるまま自分が教えている学校の教室まで連れて行きます。
彼が授業をしている間に彼女は教室を離れ、そのまま行方不明に。
 
このあたりから、うだつの上がらなさそうな高校教師のライムントの行動が変わってくるのです。きっかけは、彼女が置いて行った赤いコートのポケットに入っていた小さな古本
 
ライムントは彼女を見つけるためにこの本を読んでいるうちに、私費出版されたのであろうこの著者に次第に魅せられていくのです。
 

舞台はベルンからリスボン

f:id:saddaco:20170226211028j:plain

 

教室から去って行った彼女を追い、彼女が忘れた赤いコートを持ったまま、まるで導かれているように同じくポケットに入っていたリスボン行きの切符を持って汽車に乗ってしまうのです。
 
多分彼は、自分の人生の中でこれほど思い切った行動をしたことがなかったのかもしれません。それも自分の意志の力というより、そうせねばならないというやむにやまれぬ追い立てられるような気持で。
 
なにしろ授業をしていた時のままの姿にコートを持ったスタイルで、そのままリスボンに乗ってしまうのです。
小さなホテルに宿を取り、いつまで宿泊するかわからぬまま、取りあえず著者、アマデウの住所を探し当て、そこからパズルのような探索の旅が始まります。
 
ベルンのときも、リスボンに移っても、なぜかいつも曇り空。
映画のトーンがずっとグレーなのです。
これも彼の心象風景なのでしょうか。
 

主人公は著者を取り巻く個性派たち

著書に描かれている登場人物たちに会うことで、アマデウの人物像が次第に浮き彫りにされます。と同時に、レジスタンス時代に活動していた彼らの生き生きとした個性がライムントの琴線に触れたのです。
 
ライムントは自分を退屈な人間だとある女性に語ります。
平凡な自分に比べて、アマデウを含めた周囲の人間たちの、なんと個性的で魅力的なことか。
 
それに比べて自分はなんと平凡で無害な人生を送ってきたのだろうという思いが、彼のリスボンでの探究心を深めていくのです。おそらく彼らと同世代の自分の生き方を問い直すために。
 

f:id:saddaco:20170226211121j:plain

ひとりの青年が周りの人の人生を変えていく

アマデウは貴族出身の賢く、美しい青年でした。妹さえも恋してしまうような。
でも、私にはアマデウの周りの人たちと比べると、取り立てて個性的な人物とは思えないのです。
 
ただ、彼にかかわる人たちが、レジスタンスという渦の中でアマデウを巻き込みながら大きく変化を遂げていくのです。アマデウは時代の波に翻弄されながらも、彼らの生き方に接することで、自分の本当の生き方を探ろうとします。
 
愛する女性とスペインへ逃げる逃避行の中で、彼女はアマデウに、彼が本当に求めているものに気付かせ、自ら去っていくのです。
 

最後に

教師ライムントを演じたのはジェレミー・アイアンズ
過去に「ダメージ」「魅せられて」などに出演。そうそう「ダイハード3」にも出ていましたね。
少し年を取りましたが長身のスタイルは変わらず、美しいです。
 
アマデウの妹に扮したのは、シャーロット・ランプリング
若くして亡くなった兄を慕い、まるで生きているように話す妹を演じていました。
過去に、「地獄に落ちた勇者ども」「愛の嵐」、最近は「まぼろし」「スイミングプール」「さざなみ」に出演しています。長身の「様子」の美しい、独特の雰囲気のある人です。
 
アマゾンのプレミアムで映画を選んでいると、久しぶりにジェレミー・アイアンズに出会いました。
その前3本ほど、見始めては削除したりを繰り返していたのですが、この作品は始めから最後まで作品の中に入り込んでしまいました。久しぶりの感覚です。しばらくしたら、また観たくなるかもしれません。。
 

 

ワンルームの空気感を変える!?小さめベッドのおススメ♪

2年前に越してきたとき、それまでの和室に布団の生活から、フローリングのワンルームになったことで、急いでベッドを購入することになりました。

 
引越しの日は迫っていたし、荷作りやら引越し屋さんの手配やら、処分品にも手を焼いて、ベッドの選び方まで真剣に考える余裕がありませんでした。
でもでも、2年たってその選択の間違いが腰痛という結果になっているようです。
 
女性の場合、よほど大柄でない限り、小さめのベッドでもイケるもんです。
ということで、狭いワンルームを有効に使うために選んだ小さめベッドでプチお部屋チェンジをしてみました!
 

部屋を広く見せるためのベッドは“足つきマットレス”?

2年ほど使っていたベッドはソファベッドタイプでした。
 
ソファベッドもいろいろなタイプがあるようですが、2年前に私が購入したものはヘッドボードとフットボードつきのもので、ソファにするときでもこのボード部分は折れ曲がらないので、背もたれが壁に付かず、なんとも中途半端なソファの景観になっていました。
 
ベッドを置いたときの部屋の景観。
これが部屋の居心地の良さにすごく影響するということを、引越し後の生活で思い知ることになります。
 
ワンルームであまり収納がない場合、どうしても部屋に置くものが多くなり、これだけでも景観が悪くなります。そのうえ、微妙な空間が背もたれ部分にできてしまうベッドを、なんとかしようと決心しました。
 
それは、足つきマットレスタイプに替えること!
なぜ足つきマットレス化?
それは、一番自己主張しないベッドだから。
そう思ったんですね。
 
ただ問題は、今までのベッド下は27センチくらい空いていたので、いいように本や雑誌などを収納していたこと。
これらを同じように収納するためには、やはりベッド下にはある程度の空間が必要でした。
 
そこで、ネットで“足つきマットレス”を検索しまくりました。
 
今までのベッドはシングルで、幅100×長さ205㎝(ヘッド&フットボード含む)。
これって結構な存在感です。
 

f:id:saddaco:20170225123815j:plain

今回のベッドは、幅80×長さ181㎝
ショートセミシングルというタイプみたいです。
 
これだと、部屋に運び入れるのにもあまり苦労しません。
ベッドの硬さも、レギュラーのほかに、ソフトとハード
どのくらい硬めなのかというのは動画で紹介されています。
 
ベッドの下の収納を考えて、ベッドの足を基本の10㎝から20㎝にオプションで変更してもらいました。
この高さが、起きたときに床に足を置くのにちょうどよい高さで、本の収納にもピッタリ!
 

f:id:saddaco:20170225123831j:plain

以前と同じ26㎝にしようとも考えたのですが、ベッド下に本を収納しても少し余裕がありすぎ、結果さらに雑誌などを置く原因にもなるので、この高さで正解でした。

 

パッドやシーツ、布団カバーなどはどうするか?

縦横それぞれ20㎝は小さくなったベッドですが、問題は普通のシングルサイズのベッドカバーやパッド類がサイズオーバーになってしまうこと
羽毛布団のサイズはどうだろうか心配だったのですが、これはなんとかクリアしました。パッドは多少大きさを感じますが、上に何かをかければOK
 
問題はボックスシーツです。
これは、どうしてもフィット感は無理なので結局使うのをやめました。
代わりに、手芸店で半端な生地を購入し、端を手縫いで(ミシンがないので)簡単に縫っておしまい。
これをベッドパッドの上に敷いてシーツ代わりにすることにしました。
 
f:id:saddaco:20170225123849j:plain
 
とても具合の良い細かい目のコージュロイの生地が見つかったので(ラッキー!)、このままソファーカバーにも使うことにしました。羽毛布団は収納できないので(以前のソファーベッドのときも、微妙な空間を少しでもなくすために布団を背もたれにかけていました)、ベッドカバーに使っていたインド製のマルチカバーで布団をまるめ、背もたれとすることに。
 
どうでしょうか?
 
f:id:saddaco:20170225123757j:plain
 
 

大きめの家具を購入すると大掃除ができる!?

ベッドが到着するまで、やはり部屋は大掃除となりました。
いらない雑誌や必要な時が来るかも、とためていた冊子類も、まとめてさよならします。
 
今まで当たり前のように物置きに使っていた整理ダンスの上も、少しでも見栄えの良い景観にしようと工夫することに。
 
よく“友達を家に呼ぶと部屋がきれいになる”、と言いますけど、それと同じですね。今まで無頓着にしていたことをあらためて見直すことで、部屋は快適になります。部屋が快適になると、なんかやる気が出てくるんですよね。
 
 

日のピーカン

今まではヘッドボードにクリップ型のライトをつけていて、本を読みながら寝ていたのですが、足つきマットレスにはライトを取り付けられるところがないので頭を悩ませていました。
 
でも、頭のところに背の低い整理ダンスがあり、そのタンスの引き出しにクリップを取り付けると、なんと以前と同じにライトで本が読めるようになりました!
 
背の高いスタンドライトを購入しなければいけないかも、と思っていたのですが、ラッキーでした!