ぴーかん☀ノート

日々出合ったできごとで感じたことなどをつづります

手荒れ改善には手作り化粧水が効果的 使わずに分かったその差にビックリ!

f:id:saddaco:20170120175849j:plain

 
今年は例年より冬が早くやってきて、しかも長く居座りそうで寒さに弱い私にはかなり堪えます。
昨年末くらいから手のかさつきが気になり、時どきハンドクリームを塗っていたのですがあまり効果を感じられず、自分的には「?」という感じでした。
 
というのは、昨年の冬はほとんどハンドクリームを塗った記憶がないのです。
去年と今年、何が違うのだろうと考えているうちに、1つ大きな違いを発見しました。
 
それは、昨年はずっと顔に付けていた化粧水を手にもたっぷりと使っていたこと。
 
その化粧水というのは、自分で手作りした「美肌水」というもの。
ずいぶん前から知る人ぞ知る、という「尿素」を使った手作りの化粧水なのです。
 
園芸店で購入できる肥料用の尿素と、水道のお水でできる超簡単なお手軽化粧水。これをいつも顔や手にたっぷり使っていたことを思い出しました。
 
さっき、思いついて急いで美肌水を作ってみました。
作ったのは原液で、これを肌用、身体用に濃度を変えます。あとからグリセリンも加えるのですが、これは肌なじみをよくするため。
 
作り方があまりにも簡単すぎるせいか、「尿素」なるものの字面が悪いせいか?怪しく感じられる人が多いみたいですね。ちょっと残念です。
という私も飽き性なので、昨年原液を切らした段階で別のオイルなどを試して見たりしているのですが。。
 
でも、今使っているオイルも同じように顔に使うたびに手にも付けていたのに、顔はともかく手荒れが生じてしまったのは私的には納得がいきません。今日作った美肌水で検証してみようと思います。
 
その前に、美肌水を一度試してみようという方のために、作り方を書いておきますね。
 

美肌水の作り方

 

用意するもの

尿素:50g ※100%尿素のもの(窒素46と表記されているもの)

●水道水:200cc
 
グリセリン:小さじ1(5ml)

 
●ペットボトルなどの容器
 

作り方

①容器に尿素と水道水を入れ、よく混ぜる
尿素が溶けたらグリセリンを入れ、軽く混ぜる
 
以上です!
これが原液なので、用途別に希釈して使います。
顔の使う場合は、原液を10倍に薄め、身体用には原液を5倍に薄めて使います。
 
個人的には、顔用のものを体にも使ってしまっていますが、手荒れの場合などにはすこし濃くてもいいかもしれません。今度試してみます。
 
原液は冷蔵で半年ほど持ちます。できたら日付を書いたシールなどを貼っておくといいですね。尿素そのものは何年持つか、、、まだ悪くなった尿素がどう変質するのか体験したことがないので解りません(汗
 
ただ、10倍に薄めた顔用の美肌水を洗面台にかなり長いこと放置していたら、気が付いたとき小さなカビが容器にいくつか張り付いているのを見かけたことがあります!保存料が入っていないので、できるだけ早く使い切るようにすること!が原則ですね。
 
夏場などは、使ったあと冷蔵庫に入れる習慣をつけておいた方がいいかもしれません。
 
気分でアロマオイルなどを数滴加えてもいいですよ。香りを楽しめます♪
いろいろ工夫して自分のオリジナルな化粧水を作って楽しみましょう!